徒然雫

☆もの悲しさ疼く物語☆

喪失  *400文字の雫物語

 

≪400文字の中に、失われてゆくものへのもの悲しさ疼く物語≫

 

f:id:nemurialice:20181229130747j:plain

喪失

彼女の歯に衣着せぬ発言から滲みだす満たされている者独得の朗らかさが、苦手だった。

優しい両親や素敵なお兄さんからとても大切に、とても可愛がられてきた彼女はとても素直だったのだろう。

続きを読む

恋愛未遂  *140文字の恋つぶ

 

≪140文字(Twitterサイズ)の中へ詰め込めんだ『もの悲しさ疼く恋のつぶやき物語』≫

 

f:id:nemurialice:20181229130622j:plain

 

恋愛未遂 

 

青い時代の未成熟な心と躰の恋愛未遂。

 

ほとばしる何かを知ることさえ無駄に思え、ただ突っ走っていた。

 


可憐な花を見つけては、闇雲に摘みとっていた。

続きを読む