ありすの時間

恋心の切ない 言葉のつぶやき と イラスト

刹那的な想いなのに、繋ぎ止めようとしないで・・・

 

刹那的な想いなのに、繋ぎ止めようとしないで・・・

 

 波の音に包まれた瞬く星の下、酔いにまかせて赴くままに刹那的な恋気分。

そんな気持ちは事故のようなもので、日常の中へするりと消えてゆく。

始める気持ちなんてないくせに、『本気だった』なんてズルイ人。

 

 『本気だった』って、もう過去形・・・。

 
忘れたつもりでいたのに、その言葉がよけい心を波立たせる。

 

 

 

f:id:nemurialice:20181229130015j:plain

  恋愛未満 ≪第4話 銀の鍵≫(完) ⇒ こちらから


*恋愛未経験の女の子が刹那的な恋に心揺り動かされる物語です。

* 未遂で終わった恋の記憶が、今もこびり付いて離れない。