徒然雫

☆もの悲しさ疼く物語☆

気まぐれな稲妻  *140文字の恋つぶ

 

≪140文字(Twitterサイズ)の中へ詰め込めんだ『もの悲しさ疼く恋のつぶやき物語』≫

 

f:id:nemurialice:20181229130622j:plain

 

 気まぐれな稲妻

 

心麻痺する甘い言葉で、愚かにも恋の罠に落ちてしまいそう。

 

出逢ったその日の告白の蜜に、真実を探ろうとする。

 

蒼白い星たちが、嘲笑うように瞬いている。

 

スイッチが簡単に入った恋は、刹那的に消えてゆく。


深く空しい吐息が、遥か遠くへ消えてゆく。

 

気まぐれな稲妻のように『愛してる』が消えてゆく。

 

 

★他の作品も小説WEBサイトアルファポリスに掲載しております。

★淡い恋心が暴走する物語『茜恋』(5,000文字)読んでいただけたら嬉しいです。

 こちらから ↓

www.alphapolis.co.jp