徒然雫

☆もの悲しさ疼く物語☆

刹那的な想い  *140文字の恋つぶ

 

≪140文字(Twitterサイズ)の中へ詰め込めんだ『もの悲しさ疼く恋のつぶやき物語』≫

 

f:id:nemurialice:20181229130622j:plain

 

刹那的な想い

 

波の音に包まれた瞬く星の下、酔いにまかせて束の間の淡い恋。

 

そんな恋は事故のようなもので、日常の中へするりと消えてゆく。

 

始める気持ちなんてないくせに、「本気だった」なんてズルイ人。

 

過去形言葉なのに、瞬間的に心泡立つ。

 

忘れたつもりでいたのに、刹那的な想いで繋ぎ止めようとしないで……。

 

 

 

★他の作品も小説WEBサイトアルファポリスに掲載しております。

★淡い恋心が暴走する物語『茜恋』(5,000文字)読んでいただけたら嬉しいです。

 こちらから ↓

www.alphapolis.co.jp