徒然雫

☆もの悲しさ疼く物語☆

月の下に君  *140文字の恋つぶ

 

≪140文字(Twitterサイズ)の中へ詰め込めんだ『もの悲しさ疼く恋のつぶやき物語』≫

 

f:id:nemurialice:20181229130622j:plain

 

月の下に君 

 

月の下に君がいたから恋をした。

 

波の音に誘われるまま触れる手から零れた想いが繋がりかけて、君は逃げ出した。

 

見かけた君へ治まらない泡立つ想いを伝える。

 

「ズルイ」と怒った君が、余計に可愛くて……。

 

未練がましく送ろうとしたが、目を伏せる君。

 

打ち砕かれた痛みを癒してもらおうと恋人へ連絡する。

 

 

 

★他の作品も小説WEBサイトアルファポリスに掲載しております。

★淡い恋心が暴走する物語『茜恋』(5,000文字)読んでいただけたら嬉しいです。

 こちらから ↓

www.alphapolis.co.jp