徒然雫

☆もの悲しさ疼く物語☆

微妙な距離   *140文字の恋つぶ

 

≪140文字(Twitterサイズ)の中へ詰め込めんだ『もの悲しさ疼く恋のつぶやき物語』≫

 

f:id:nemurialice:20181229130622j:plain

 

 微妙な距離 

 

慌ただしさの中、ドライブへ誘って海へ来た。

 

触れられそうで触れられない微妙な距離が縮められない。

 

波の音の中、はぐらかす君へ伸ばしかけた手を躊躇する。

 

星の瞬きに急かされても遠くへ発つまでの束の間だから、君が振り向くのを待つしかなかった。

 

ずっと君を可愛いと思っていたんだ、二番目に……。

 

 

 ★他作品も小説WEBサイトアルファポリスにて掲載いたしております。

 こちらからお願いします 

ねむりありすのWebコンテンツ | アルファポリス - 電網浮遊都市 -